#Twitter300字ss 2月28日分より

Sierra Exif JPEG

トキの激減は、20世紀前半に始まりました。
希少な野生のものは、今では中国に千羽弱。
数百羽いる日本の佐渡島や韓国の個体は、2010年に成功した人工繁殖で増えたものなのです。

では何故、トキはこんなにも減少してしまったのでしょうか。

肉の味は良く滋養が良いとされていますが、生臭さや肉汁の独特な赤みから、日本では常食されていませんでした。
大きく減り出したきっかけは、とある精肉業者が持ち込んだトキが、当時ソ連で起こした一大ブーム。
ソ連の当時の飲食店はどこも、肉汁の赤みが目立たないよう、照明を国旗と同じ赤で塗った室内で、客前にトキ料理を出したそうです。
知らなかったでしょう? サギみたいですよね、トキですけど。

-----------------------

■問題
 この300字SS(記号各種、全角スペース含む)の問題に対し、
 当時の日本政府は慌ててトキ肉の輸出を規制しました。
 ですが、果たしてそれは間に合っていたのでしょうか。

※答えは下の方にあるよ!

---------------------------

■正解はこちら!

行頭をタテ読みすると「時既に遅し」で間に合ってないよ!
以上、300字SS(Soviet-Union Syoku-seikatsu)でした!

また来世!ヽ(*´∀,`*)ノ