名前北佐舞司(きたさ まいし)
年齢20
職業OL(?)
大事なもの彼女とおそろいのネックレス

20歳フリーター。本編のヒロイン(&ヒーロー?)

ある日助けた女性(レン)に一目惚れした上にキスされて、彼女たちの闘いに加わることを決意――したら、レディスクリニックで事務員OLとして働くことに。

「看装」と名付けられた戦闘用スーツに変身する姿は看護婦風上衣とスカート、ナースキャップにニーソ。舞司のは白と黄色。

特撮系変身ヒロインとしての闘いの日々が幕を開ける。

普段着もすっかり女子の装い。パス度は高く、敵には「小娘」呼ばわりされるけど、レンへの想いが「舞ちゃん」を強くする――のか?

小柄で細身で童顔なのが昔からコンプレックス。

高校時代には気になってた女子に「自分より女らしいなんてイヤ」と闘う前から玉砕してたり、「北佐だったら抱ける」と男子の間でコラ写真まで出回ったりもした舞司だったが、レンとの間なら女子してても――?

雇い主の凛いわく「レンはあんな残念美人っぷりだから、その分舞ちゃんが女子力上げたらちょうどいいバランスで釣り合いとれるかもよ」とのこと。


-------------☆-------------


さて、ここで主人公の舞ちゃん以外の面々に、舞ちゃんのことをコメントしてもらいましょう。


(1)レン:ベルムナース(赤)。(一応)本編のヒーロー(&ヒロイン)。美人だけど脳筋

「私よりよっぽど女の子らしくて可愛い、守ってやりたい子だ。そういえば手合わせしよう、って言ってたのにまだしてなかったな。本気で殴り合ったら更に情も深まると思うんだが」


(2)メイ:ベルムナース(青)。正看。レンを「姉さま」と慕う。

「妹みたいな感じ。化粧品とか一緒に見に行くし。レン姉さまとのことは――まあいいわ、もう。あ、あの子の女声トレーニングはあたしがやってあげてるよ。バレない自信あるわ」


(3)凛:レディスクリニック院長。看装システム(ベルムナース装備)を作った人。

「舞ちゃん? いい子でしょ。事態の好転というか打開を期待してあの子を引き入れた、あたしの慧眼も評価してもらいたいものだわ」


(4)ホーソン:敵幹部のひとり

「あれは私の(何番目かの)嫁だ。近い内に迎えに行かせてもらう」


そんな舞ちゃん、恋も闘いもがんばります。

惚れた女性とともに闘う装備姿はナース風!

仕事着は事務員OL。そして普段着も……

特撮系女装ヒロイン(?) 看装!

お試し版は⇒こちら!(Happy Reading様へジャンプします)

■作品情報

・作品タイトル:看装乙女ベルムナース

・書籍概要:文庫/234p 500円

■作者情報

・作:あきらつかさ

・絵:有澤 司

・サークル名:亜細亜姉妹

・サークルURL:http://d.hatena.ne.jp/akira-tsukasa/